実はハローワークも有効

外資系企業への転職に英語力が必須

外資系企業とは、外国資本が入っている企業のことをいい、その資本の割合によって外資主導もしくは日本主導の経営となります。資本によって、100%外資資本の企業や日本企業とタッグを組んでいる合弁会社、外国企業が日本企業を買収した企業と拠点のひとつとしての支店や支社に分類されています。外資系企業とはいえ、外国人が大半を占めている企業や、ほとんどが日本人の企業とさまざまです。スタッフや上司、顧客が外国人が多い場合には、英語でのコミュニケーション能力、人事やマーケティングといった部署などではビジネスレベルの英語が必要です。また、日本企業とは異なり、ストレートに自分の意見を言えることが大切なので、精神的にもタフな方に向いているといえるでしょう。

転職エージェントを利用しよう

外資系企業への転職には、ホームページや公開中の求?情報を確認することが一般的な方法ですが、表向きな情報がほとんどなため、転職したい企業で実際に働いている方の話を聞くのが良いでしょう。とはいえ、働いている知り合いもなかなかいないものですよね。そんな場合やその企業についての詳しい情報を知りたいといった場合には、転職エージェントを利用するのが最適です。外資系企業では、転職エージェントで人材募集をしているところが多いため、まずは、転職エージェントに登録して、効率的な転職活動を行なうのがおススメです。

また、日本国内に支店や支社がある外資系企業であれば、転職エージェントのほかにもハローワークで募集している場合もありますので、ハローワークを確認してみましょう。