人事評価が適正

年齢や性別を気にせず働ける企業が多い

外資系企業は、人事評価の基準に年齢や性別などの事項を除外しているところが多く、成果次第で高収入を得られるという魅力があります。そのため、専門的な知識や技術を外資系企業で生かしたい人は、人事評価のポイントに注目をしながら転職先の候補を決めることがおすすめです。最近では、昇進や昇格の基準や評価の対象となる事項について、求職者に向けて公表をしている外資系企業も増加しているため、早いうちから志望企業で求められる人間像を自分なりに把握しておくと良いでしょう。なお、事業部長や課長などの役職者を目指す場合には、一定期間の海外駐在の経験が必要となる企業もあるため、求職中に企業ごとの海外転勤の事情についても調べておきましょう。

職場内の上司の評価によっては短期間で出世ができることもある

外資系企業で出世をするためには職場内の上司の評価が重要となるため、得意な業務で成果を出すのはもちろんのこと、日頃から良好な人間関係を築くことがポイントです。また、ライバルの社員に差を付けたい場合には、営業職など仕事の成果が数値として表れやすい職種を選択することがおすすめです。最近では、中途採用者数の増加に伴い、様々な経験やスキルを持つ社員を受け入れるために、多角的な評価システムを採用している外資系企業もあります。そうした中、外資系企業で順調にキャリアを積みたい人は、志望企業の見学会や就職相談会などに参加をして、各部署の責任者や人事担当者に転職後の働き方に関する質問をしたり、外資系企業の求人数が多い就職情報サイトを活用したりすると良いでしょう。